トップページ > ニュース > 劇団チキンハート アトリエ公演オーディシ

ニュース

劇団チキンハート アトリエ公演オーディション開催!

2018年01月05日

劇団チキンハート アトリエ公演オーディシ

2月後半に公演を行う劇団チキンハートアトリエ公演、万全離婚のオーディションを行います。

オーディション不合格者も、劇団チキンハートが母体の企画である三栄町Liveに出演するチャンスあり!

*劇団チキンハートとは
2011年劇団旗揚げ、舞台を知らない人、あまり舞台を観ない人達にいかに楽しんでもらえるかを考え、公演を行っている劇団である。
また、第六回本公演にて4年半という異例のスピードで動員3000人ほとんど手売りで達成。
いち早い進化と成長を求める、今注目の劇団である。
本公演とは別に、高い頻度でプロデュース公演を行っておりながら、毎回700人近い動員をコンスタントに記録している。
また、ドラマ、映画とのパイプも強く、出演者から1年で30名弱キャスティングを行っている関連する演出家として

大山晃一郎(劇団チキンハート)
中学生の時から映画監督を夢見て、高校在学中にAKASOフェスタを開催(自分の夢を叶えるイベント)1000人の若者を巻き込み大阪のマスコミが注目。
そこで出会った映画人に誘われ映画の世界へ
上京後は「リング」の中田秀夫監督や「沈まぬ太陽」の若松節郎監督の下、助監督として数多くの映画の製作現場で活躍。
ドラマ「ROOKIES」や「パパとムスメの七日間」などテレビドラマにも活動の幅を広げ、今までに携わった映像作品数は500本を超える。
近年では猪崎宜昭監督(「復讐するは我にあり」「遺留捜査」)に師事し、「遺留捜査「刑事7人」「TEAM」~警視庁特別犯罪捜査本部~」などの作品に監督補として参加、共同脚本も手掛ける。
助監督業と平行して多くのCMやミュージックビデオも製作、また、劇団チキンハート旗揚げから現在に至るまで、全ての作品で作、演出を手掛ける。
2011年に初監督した短編映画「ほるもん」は2011年度ショートショートフィルムフェスティバルのNEOJAPAN部門に選出され、同団体が運営する「日本人若手監督育成プログラム」にも選ばれている。

滝本重之(劇団チキンハート)、服部無双(UZU)、いけてるまさ(ちーむはちぽち)などがいる。

ドラマキャスティング実績
「検事・朝日奈耀子」、「TEAM」、「家政夫のミタゾノ」、「警視庁捜査一課長」、「遺留捜査」、「遺留捜査2」、「特殊犯罪課 花島渉」、「刑事7人」「ヘヤチョウ」ほか

【参加資格】
年齢 16~40
性別 不問
チケットノルマなし、チケットバック制で出演可能な方

【オーディション場所】
練馬区近郊 エントリー時にお知らせ致します。
【オーディション日程】
1/11 15:30~19:00
1/13 13:30~19:00
【締切】
1/10 23:59まで

【エントリー方法】
件名「演劇革命企画」
①お名前
②年齢
③オーディション希望日程
④プロフィール(ない場合は写メでも大丈夫です。)
以上を明記の上
rai.yagyuu@gmail.com
までメールをお願い致します

◎公演日
2月20日~25日 全8ステージ
◎稽古期間
公演3週間前に顔合わせ、公演日の初日2週間前~ 昼もしくは夜に行います。
(一週間前は全日稽古)

一覧へ

いつくしみふかき

宝物の抱きかた

劇団ブログ

演劇革命企画

第六回本公演

プロデュース公演Vol3「おのぞき」

ジャパンプレミア

第五回本公演「幸福の黄色いタンメン」

第二回プロデュース公演

カフェ公演「たしかなこと」

スポンサーリンク